スポンサードリンク

2016年12月22日

リテイク 時をかける想い あらすじ 4話

リテイク 時をかける想い あらすじ 4話

筒井道隆が、タイムトラベラーを取り締まる役人に・・・

土ドラ 「リテイク 時をかける想い」12月24日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、SFヒューマンドラマ。

気になるあらすじが公開されました。

リテイク 時をかける想い あらすじ 4話は、下記の内容となります。

アパートで火災が起き、出火元の部屋に一人でいた少年・アキト(五十嵐陽向)は駆け付けた男性(石黒英雄)に救出される。

新谷(筒井道隆)と薫(成海璃子)は、男性が火災発生を知っていたかのように手際が良かったため未来人とにらむ。

薫は男性がやけどの手当てを受けた病院を訪ねる。

だが、男性は既に逃走していた。

新谷は男性の目的が何なのか、なぜ姿を消したのか分からず、手掛かりを求めてアキトの母・美咲(村川絵梨)を訪ねる。

以上が、リテイク 時をかける想い あらすじ 4話の紹介でした。

土ドラ 「リテイク 時をかける想い」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40〜24:35 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 04:59 | Comment(0) | リテイク 時をかける想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。