スポンサードリンク

2016年12月12日

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 最終回

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 最終回

吉田羊さん 主演 ドラマ 「レディ・ダ・ヴィンチの診断」

12月13日(火)は、最終回の放送となります。

物語は、原因不明の病の解明に立ち向かう医療ミステリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

志帆(吉田羊)が脳動脈瘤(りゅう)を抱えていることが判明する。

2年前の爆破事件の際に負った外傷が原因で、これが志帆に亡き娘・真央(藤澤遥)の幻覚を引き起こしていると雪野(相武紗季)らは診断する。

志帆はもやもや病で入院中のひかり(根岸姫奈)の手術の執刀を強く希望していた。

そのためには志帆自身が手術を受ける必要があるが、それによって幻覚は消えてしまう。

葉子(伊藤蘭)は志帆にどちらを選択するかを迫る。

以上が、レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 最終回の紹介でした。

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00〜21:54 です。

吉田羊さんファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 17:02 | Comment(0) | レディ・ダ・ヴィンチの診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。