スポンサードリンク

2016年12月10日

リテイク 時をかける想い あらすじ 2話

リテイク 時をかける想い あらすじ 2話

筒井道隆が、タイムトラベラーを取り締まる役人に・・・

土ドラ 「リテイク 時をかける想い」12月10日(土)は、2話目の放送となります。

物語は、SFヒューマンドラマ。

気になるあらすじが公開されました。

リテイク 時をかける想い あらすじ 2話は、下記の内容となります。

新谷(筒井道隆)と薫(成海璃子)は以前保護に失敗した未来人・坪井(笠原秀幸)を発見して追跡するが、再び逃げられる。

翌日、新谷は製造年が平成29年と刻まれた10円玉を持つ青年・漆畑(タモト清嵐)と遭遇する。

漆畑は、何度か助けてくれた見知らぬ男性(マギー)からその10円玉をもらったと説明。

その男性こそが未来人で、47歳になった漆畑自身だった。

彼は若い自分とある女性を結び付けるために来たと新谷に言う。

以上が、リテイク 時をかける想い あらすじ 2話の紹介でした。

土ドラ 「リテイク 時をかける想い」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40〜24:35 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 04:54 | Comment(0) | リテイク 時をかける想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。