スポンサードリンク

2016年12月09日

家政夫のミタゾノ あらすじ最終回

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ 「家政夫のミタゾノ」

遂に12月9日(金)は、最終回の放送となります。

物語は、痛快 覗き見 ヒューマンドラマ。

最新のあらすじが公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)とえみり(清水富美加)は、自宅でカルチャー教室を開くカリスマ主婦・その子(片瀬那奈)の家へ。

夫が10年前に失踪し、その子は夫の連れ子の毅(田中偉登)と2人暮らし。

飾られていた10年前の家族写真を見て、えみりは驚く。夫が三田園そっくりなのだ。

さらに、その子が指示した風呂掃除のやり方が三田園と同じだったことから、えみりは同一人物だと確信。

しかし、三田園は‘赤の他人’だと言い切る。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15〜24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
【家政夫のミタゾノの最新記事】
posted by 秋ドラファン at 05:01 | Comment(0) | 家政夫のミタゾノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。