スポンサードリンク

2016年12月01日

黒い十人の女 あらすじ 最終回

黒い十人の女 あらすじ 最終回

船越英一郎が父・英二の当たり役に自ら熱望して挑戦。

「黒い十人の女」12月1日(木)は最終回の放送となります。

物語は、名作映画をリメーク。

気になる最終回のあらすじが、公開されました。

黒い十人の女 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

風(船越英一郎)の死から2週間。久未(成海璃子)や佳代(水野美紀)たちはやっと風を諦めることができ、平穏な日々を取り戻していた。

しかし夏希(MEGUMI)は、テレビ局から訃報が届かないことを不審に思う。

美羽(佐藤仁美)に確認すると、あの日の翌日、局には睦(若村麻由美)から「過労で倒れたので休ませる」と電話があり、混乱を避けての配慮だろうという。

それでも納得がいかない夏希は、睦の店を訪ねてみることにする。

以上が、黒い十人の女 あらすじ 最終回の紹介でした。

「黒い十人の女」は、日本テレビ系にて、毎週木曜 23:59〜24:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 05:17 | Comment(0) | 黒い十人の女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。