スポンサードリンク

2016年12月01日

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 8話

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 8話

米倉涼子さん 主演 ドラマ 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」

12月1日(木)は、8話目の放送となります。

待望の新シリーズは、反骨の天才外科医・大門未知子があの強敵と対峙!

物語は、どんな展開となるのか・・・

気になるあらすじが公開されました。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

国民的大スター・八乙女(小西遼生)が極秘入院。八乙女の入院はトップシークレットだが、未知子(米倉涼子)には興味がない。

肝臓がんの八乙女は、複数の腫瘍が広範囲に広がり、放置すれば余命半年の診断。

執刀を任された北野(滝藤賢一)は、プロジェクションマッピング技術を使い、切除する箇所を光で色分けする最新システムを手術に導入する予定だ。

そんな中、八乙女の入院の情報が漏れ、マスコミが病院に殺到する。

以上が、ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 8話の紹介でした。

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00〜21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 05:02 | Comment(0) | ドクターX〜外科医・大門未知子〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。