スポンサードリンク

2016年11月28日

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 8話

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 8話

吉田羊さん 主演 ドラマ 「レディ・ダ・ヴィンチの診断」

11月29日(火)は、8話目の放送となります。

物語は、原因不明の病の解明に立ち向かう医療ミステリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 8話は下記の内容となります。

志帆(吉田羊)の休暇中、葉子(伊藤蘭)は大物俳優の堂島(大和田伸也)を病院に受け入れる。

堂島は前日、心霊スポットのロケをしており、彼に起きた発熱や右腕の激痛などの体の異変は呪いではと関係者はおびえていた。

綾香(吉岡里帆)らはそれを真に受けるが、葉子は否定し、感染症と診断。

それは、筋肉の壊死と多臓器不全を引き起こすことが懸念されるもので早急の患部切除を要した。

だが、堂島は映画の撮影中だと手術を拒む。

以上が、レディ・ダ・ヴィンチの診断 あらすじ 8話の紹介でした。

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00〜21:54 です。

吉田羊さんファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 05:06 | Comment(0) | レディ・ダ・ヴィンチの診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。