スポンサードリンク

2016年11月25日

コピーフェイス あらすじ 2話

コピーフェイス あらすじ 2話

栗山千明が週刊誌記者と理事長夫人の2役を演じる。

「コピーフェイス」11月25日(金)は2話目の放送です。

物語は、ラブ・サスペンス・・・

気になるあらすじが公開されました。

コピーフェイス あらすじ 2話は、下記に内容となります。

衝撃の事実を思い出した和花(栗山千明)だが、そのまま芙有子のふりをして朝倉家に潜入することを決意。

まず雑誌編集者の橘(鶴見辰吾)に会ってことの経緯を告げ、協力を仰ぐ。

一方、朝倉医院では和花の復活を宣伝材料にする動きが持ち上がり、和花も取材のためその企てに乗る。

柊二(佐藤隆太)は妻の変化に愛情を取り戻していくかに見えた。

2人の心が通いかけた時、和花の元に医院の被害者を名乗る電話がかかってくる。

以上が、コピーフェイス あらすじ 2話の紹介でした。

「コピーフェイス」の放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00〜22:50 です。

栗山千明さんファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 04:44 | Comment(0) | コピーフェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。