スポンサードリンク

2016年11月24日

砂の塔〜知りすぎた隣人 あらすじ 7話

砂の塔〜知りすぎた隣人 あらすじ 7話

菅野美穂の4年ぶりとなる連続ドラマ主演作「砂の塔〜知りすぎた隣人」

11月25日(金)は、7話目の放送となります。

物語は、女の嫉妬が渦巻くサスペンス!!

気になるあらすじが公開されました。

砂の塔〜知りすぎた隣人 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

亜紀(菅野美穂)は、弓子(松嶋菜々子)が健一(田中直樹)にキスをする場面を目撃。

怒りに震える亜紀は、和樹(佐野勇斗)の問題に自分一人で対処しようと決意する。

同じ頃、湾岸エリアでは新たに小学6年生の少年が行方不明になり、荒又(光石研)ら警察が捜査を開始。

少年はノートに「ハーメルンについて行きます」と書き残して姿を消したという。

一方、生方(岩田剛典)は弓子から渡された写真を見て驚き、そのことで健一を問い詰める。

以上が、砂の塔〜知りすぎた隣人 あらすじ 7話の紹介でした。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00〜22:54 です。

菅野美穂さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 05:23 | Comment(0) | 砂の塔〜知りすぎた隣人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。