スポンサードリンク

2016年11月17日

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 6話

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 6話

米倉涼子さん 主演 ドラマ 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」

11月17日(木)は、6話目の放送となります。

待望の新シリーズは、反骨の天才外科医・大門未知子があの強敵と対峙!

物語は、どんな展開となるのか・・・

気になるあらすじが公開されました。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

論文盗用問題の責任を問われ、辞職を迫られた蛭間(西田敏行)は、分院から海老名(遠藤憲一)を呼び戻す。

海老名も、スターキー教授(イアン・ムーア)が発表した問題の論文の共同執筆者だとでっち上げて、窮地を脱する。

さらに、来日中のスターキー教授と海老名が、開心術を用いない世界初の「心房内進展巨大肝細胞瘤切除術」を発表。

未知子(米倉涼子)はその術式に疑念を抱く。

そんな中、スターキーの部下・シュリンプ(坂元健児)が倒れる。

以上が、ドクターX〜外科医・大門未知子〜 あらすじ 6話の紹介でした。

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00〜21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 15:17 | Comment(0) | ドクターX〜外科医・大門未知子〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。