スポンサードリンク

2016年11月11日

石川五右衛門 あらすじ 5話

石川五右衛門 あらすじ 5話

歌舞伎俳優の市川海老蔵が主演を務める連続時代劇 「石川五右衛門」

11月11日(金)は5話目の放送となります。

物語は、天下の大泥棒・石川五右衛門が今日も華麗な手口で庶民を救う!

気になるあらすじが、公開されました。

石川五右衛門 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

五右衛門こと夜左衛門(市川海老蔵)一座の百助(山田純大)は、命の恩人の名主・庄右衛門(竜雷太)と再会。

その痩せた姿を心配する。

その頃、秀吉(國村隼)は一揆の兆候を知り、検地奉行・次盛(木村祐一)に首謀者を早急に捕らえるよう命じる。

三成(丸山智己)は次盛に五右衛門の情報を吹き込む。

翌日、一揆をたくらんだとして庄右衛門が補縛される。

庄右衛門が斬首刑だと聞いた夜左衛門らは、救出のため刑場へ向かう。

以上が、石川五右衛門 あらすじ 5話の紹介でした。

「石川五右衛門」の放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00〜20:54 です。

市川海老蔵さん ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 04:51 | Comment(0) | 石川五右衛門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。