スポンサードリンク

2016年10月26日

相棒season15 あらすじ 3話

相棒season15 あらすじ 3話

水谷豊が天才警部に扮する人気シリーズ「相棒season15」

10月26日(水)は、3話目の放送となります。

反町隆史 演じる相棒・亘が警視庁に!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒season15 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

亘(反町隆史)は捜査一課に加わり、アパートで住人の山本(十貫寺梅軒)が殺された事件を捜査。

資料を見た右京(水谷豊)は仏壇に置かれていた名刺が気になり、独自に捜査を始める。

名刺の主は保険会社の営業マン・谷中(石井正則)だった。

山本が谷中を保険金の受取人にしていたと分かり、伊丹(川原和久)たちは谷中の犯行を疑う。

一方の右京は、10年前に山本の娘を自殺に追い込んだ元ホスト・田島(渋江譲二)の行方を捜す。

以上が、相棒season15 あらすじ 3話の紹介でした。

「相棒season15」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃し無く!!


スポンサードリンク
posted by 秋ドラファン at 00:25 | Comment(0) | 相棒season15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。